オーダーメイド栄養価計算シート生成サービス Nucalgen について

2021/06/04 8:14
オーダーメイド栄養価計算シート生成サービス Nucalgen を公開しました。
この CGI のバックで動かしている Excel ファイル生成プログラムは、 Java で書きました。
ソースコードは GitWeb で公開しています。
コンパイル済みの JAR ファイルはこちら です。この JAR ファイルには、The Apache Software Foundation による Apache POI, Commons , log4j, その他関連するライブラリの JAR ファイル群が組み込まれています。


実行方法の例は次の通りです。
java -jar nucalgen.jar -std-food-comp-table 20201225-mxt_kagsei-mext_01110_012.xlsx [-use-processed-table] -columns columns.xml  -output output.xlsx  -lines 20 -bright-colored-vegetables-list bright-colored-vegetables.xml [-with-pfc-balance] [-with-group-sum] [-set-protect]
-std-food-comp-table <filename>必須日本食品標準成分表 Excel ファイル
-use-processed-table任意日本食品標準成分表 Excel ファイルの加工をしない
-columns <filename>必須列定義ファイル
-output <filename>必須出力ファイル
-lines <n>必須行数
-bright-colored-vegetables-list <filename>必須緑黄色野菜定義ファイル
-with-pfc-balance任意「PFCバランス」欄を生成する (列定義ファイルで「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」の出力が必須です)
-with-group-sum任意「食品群別摂取量」欄を生成する (列定義ファイルで「食品群」「緑黄色野菜」の出力が必須です)
-set-protect任意入力可能セル(「食品番号」「摂取量」)以外のセルをロックする


続きを読む

pdf-slide-divider スライドが1ページに複数面割り付けられている(例えば3×3面とか2×2面とか)PDFファイルを1ページ1面ごとに分割する

2020/11/29 3:09
例えば何かの資料として、PowerPointで作成したとおぼしきスライドを1ページに複数面割り付けたPDFファイルを受け取ることがあります。
このままだと製本やファイリングしにくいので、1面1枚ずつに分割したいときがあります。
そのときのためのツールです。
「2 in 1 印刷」や「冊子印刷」に対応した形式でも出力できます。
※冊子印刷:週刊誌形式。用紙を重ねてまとめて半分に折って、折った線上をホチキス(ステープラ)でとめたときに、冊子状になる形式。

処理のイメージ
divide_image.png



Perlで書いています。Imagemagick が要ります。一度画像にしてから再度 PDF に戻しているので、ちょっと動作が重たいです・・・。

ウェブ上で使える、CGI版も用意しました。
https://satomichan.jp/cgi/pdf-slide-divider/


ソースは

続きを読む

2020/04/05(日)mplayer用のPlayListを生成する

2020/11/03 11:32
Perl で書きました。Linux 等向けの mplayer に読ませるために、カレントディレクトリ以下の音楽ファイル(.mp3/.wma)があるディレクトリに、プレイリストを生成していきます。
「ディレクトリを再帰的にたどりファイル一覧を取得したい その1 - Perl - とあるエンジニアの闇歴史帳」(http://tech.katsubemakito.net/perl/dir_recursion1) を参考にさせていただきました。

音楽ファイルは文字コード順で並び替えられるのが前提(例: 00_zzz.mp3 , 01_yyy.mp4 , ...)です。

ソースはこちら。

続きを読む

2020/04/05(日)PDFファイルにインデックス・タブを付加する

2020/11/03 11:31
index_tab.png

このようなページ頭出し用のインデックス・タブ(黒い箱)を PDF ファイルに付け加えます。
奇数ページ/偶数ページで位置(左右)を変えています。A5サイズで調整したので、適宜変更してください。
beta.png という名前の 単色で塗りつぶした画像ファイルを別途用意してください(サイズは何でもいいです。)。

使い方の例
./tab.pl in.pdf out.pdf 1 15,29,44 2
【第0引数】オリジナルPDFファイル名
【第1引数】インデックス・タブ付加後のPDFファイル名
【第2引数】初期 index 位置(上から 1, 2, 3, ...)デフォルト=1
【第3引数】index 位置が変わるページNo. (最初のページは p.1) (ex '15,29,44') デフォルト=なし(一度も変えない)
【第4引数】目次ページNo. (全てのインデックス・タブを描画するページ) デフォルト=目次ページなし
第2引数~第4引数は省略可能です。

Perl で書いています。要PDFtk。
ソースはこちら。

続きを読む